スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

杉の子たちの50年・来場者の感想

映画の内容に関する記述があります!まだ映画をご覧になっていない方はご注意を。 2019年9月6日に開催された、第29回北方シネマの上映会にお集まりいただいた皆様、ありがとうございました。ここに来場者のみなさまの感想を掲載いたします。 20代 戦争を経験し、それを伝えて行く人は、ますます少数になってきたとよく聞く。過去にこのような歴史があったと忘れてはいけないことであり、今の日常が成り立っているのも、この過去に起こったことが元になっている。最後の高校生が調査していたように、絶やさず、経験をした方々の話を聞いてまとめ、後に残すことは重要なものと感じた。 30代 私の祖母の世代が、アフタートークの河原さんと同世代です。戦争の話を聞くということをやりたいのだけれども、祖母は積極的にしたがりません。河原さんがおっしゃるように、思い出したくもないからかもしれないと思いました。個人的に話したくないけれども、社会的には残ささなければならないことはきっとあるので、このような話を残すための工夫が必要だし、同時に、このような体験をどのようにすれば広く読まれるのか考えたいです。 アフタートークで気づいたことがある。聞き書きの活動をされている方々が、戦争体験の聞き書きを「平和教育」の一環として取り組んでいる、といわれた。そのときに、疎開の体験などは戦争学のテーマとして扱われるべきだとおもった。疎開でのいじめや市民の混乱、つらさなどは戦争時特有の暴力だからだ。戦争やテロといったトピックが好きな人がいるが、ぜひこういう体験もまた戦争の一部なのだということを、よく研究し、広く知ってもらいたいとおもった。 40代 私も集団行動がうまくできなくて小学生の時からクラスメートの人たちのいじめを受けました。何かあったら殴る、蹴る、無視されるということが多くありました。吃音「どもり」もありましたので濡れ衣を着せられたこともありました。こういうことは21世紀にもあるのではないでしょうか。 60代 戦争による被害の証言、歴史を残すことの重要性を改めて平和の大切さを感じた。 以前、那覇の対馬丸記念館を見学した時の思いが蘇ってきた 学童疎開を経験した世代

最新の投稿

クワイ河に虹をかけた男

踊る旅人 能楽師・津村禮次郎

「躍る旅人」